So-net無料ブログ作成

ハリルホジッチ監督の目指すもの [サッカー日本代表]

2015年3月31日 対ウズベキスタン戦も後半から。 ハリルホジッチ監督は、何をしているかわからなかったザッケローニさんやアギーレさんよりは日本代表に招集された選手への要求は明確。

対ウズベキスタン戦は5対1で、近年にないほどの大量得点。 前半に青山選手の先制、岡崎選手、そして後半に宇佐美選手、柴崎選手、川又選手がそれぞれに持ち味を生かした得点。 特に宇佐美選手のスピードとうまさと柴崎選手のピッチの把握はハリルホジッチ監督の求めているもの。 青山選手や岡崎選手のシュート・シーンを見ていると、あきらめない、大胆にプレイ、川又選手は執念のヘディング。

ハリルホジッチ監督はポゼション主体のサッカーからスピードとボールを持ちすぎない、シンプルにさばいて縦に入れていくカウンター・サッカーに。 フィジカルと球際の厳しさ、体を一回り大きくすることもあるようだ。

これだけ明確なメッセージは、ハリルホジッチ監督が目指す方向に食らいついていけば、現在Jリーグに所属して、日本代表入りを狙う選手にもチャンスがあるということ。 ピッチで結果を出す実力者が求められている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。