So-net無料ブログ作成
検索選択
ラ・リーガ・エスパニョーラ ブログトップ
前の10件 | -

エル・クラシコ、バルサを前にあの世界一のGKカシージャスもなすすべもなく、5対0とバルサ完勝 [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年12月2日 明日の今頃は2022年と2018年のWCの行方は決まっていそう。 Lalaとしては、南半球で2回(南アとブラジル)続いたから、今度は北半球か。 何にしても単独決戦というよりは18年と22年の開催地は組み合わせといってもいいほど微妙なバランスを意識した選択の上に成り立つと思う。 22年というとあと12年。 その頃には中国からの観光客の数はかなり増えると思う。 それを取り込める国が有利かも。

さて、ラ・リーガ・エスパニョーラの頂上決戦のエル・クラシコ。 バルサがレアル・マドリーに対し5対0と完勝。 試合前はモウリーニョ率いるレアルが有利という見方もあったけれど、いざ試合が始まったら、レアルの守備が鷹揚なところにバルサは自分達のサッカーをしたい放題。 パス・サッカーで、2人、3人と連係よく、レアルのGKカシージャスを翻弄する。 これは見もの。 普通レアルやスペイン代表の試合だと、ゴール前で余裕のヒマもてあましているカシージャス選手が良くTVに映るけれど、この試合ではバルサのGK、スペイン代表の第3GK(として扱われている)ビクトル・バルデス選手。

得点はシャビ、ペドロ、ビジャ、ビジャ、ジェフレン。 ビデオの音声はフランス語


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラ・リーガ、バルサ対アルメージャ、メッシのハットトリックで8対0. アルメージャGK悪夢の日 [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年11月20日 スペイン・リーグでのバルサ対アルメージャ戦。 アウェーのバルサが8対0と大勝した試合。 メッシがハットトリック。 ボージャンが2得点。 イニエスタ、ペドロが各1点。 おまけにアルメージャがオウン・ゴール。 一番映ったのはアルメージャのGKと監督だったかも。

さて、バロンドール件最優秀選手賞の発表はまだだが、候補の1人のイニエスタが、一番ふさわしいのは、オランダ代表のスナイデルとしている。 その次にシャビ、メッシ、カシージャスと。 

8得点の編集ビデオのURLはこちらから。http://www.livesoccertv.com/match/144717/almeria-vs-barcelona/_report

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラ・リーガ:レアル・マドリー対アトレティコ・マドリー、エジルのFKとお茶目な背中パスのクリスティアーノ・ロナウドの映像見つけました [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年11月8日 広州アジア大会 U21日本代表中国代表、試合結果は3対0. でもまだ試合の映像は夜中の12時から。

さて、Lalaのブログは最近はクリスティアーノ・ロナウドのファンの人が多く訪れるみたい。 マドリードダービーのレアル・マドリー対アトレティコ・マドリーの一戦。 2対0でレアル・マドリーが勝利。 この試合、エジルのFKが話題に。 そしてゴールにはならなかったけれど、ダイビングや背中パスのお茶目なクリスティアーノ・ロナウドの映像をYouTubeに投稿するロナウドの熱狂的なファンが。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラ・リーガ、バルサ対サラゴサ、あのヤロシクがサラゴサではCB [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年10月28日 非常に寒い朝。 ビュービュー凍みる風に薄着を後悔。 右首から肩にかけて痛みを伴ってこってしまった。 今週は何かと落ち着かない。 忙しいというわけではないが会社で上半期の総括があったせいか。

今週、少し遅れたが、アーセナル対マンチェスターC、横浜Fマリノス対鹿島アントラーズ、そしてバルサ対サラゴサの試合を観戦。

アーセナル対マンチェスターCの試合。 今まではアーセナルの試合はあまり見ていない。 特に昨季までは若い選手を集めたちょっと変わったチームという印象。 マンチェスターCの試合のほうが見ていた印象。 ところが、スペイン代表でセスク・ファブレガスのプレイを見てから、気持ちが変わった。 アーセナルのアルシャビンはFWだが、セスク・ファブレガスがアルシャビンをうまく使っている印象。 バルサがセスク・ファブレガスの移籍を目指しているというニュースは昨季の後半から出ている話だが、いま、アーセナルはセスク・ファブレガスのチーム。 マンチェスターCもテベスやシルバなどいい選手が集まっているが、イングリッシュ・プレミアで、バルサ型のどちらかというと小柄な若い選手を揃えアンサンブルでパス・サッカーを目指すアーセナルが3対0. 

横浜Fマリノス対鹿島アントラーズ。 雨が激しいい。 後半挽回すべく横浜Fマリノスが何度か惜しいチャンスを決めきれず2対0. 中村俊輔選手のFKも決まらなかったが、雨の中何度か映った様子では昔のサッカー小僧の顔が。 敗戦だったけれど、暗い表情ではなかったし、携帯サイトでは、負けた試合だけど得るものもあったというコメントが載っていた。

そして、バルサ対サラゴサ。 メッシが2得点の試合。 ここで懐かしい名前が。 セルティックで06/07の時代、チャンピオンズ・リーグの試合も中村俊輔選手と一緒に出場したヤロシク。 金髪で身長があるMFだった。 確か08年にロシアに移籍、今はラ・リーガ、サラゴサで、CB。 セットプレーでヘディングで得点能力が高いらしいし、以前はMFということで、稼動範囲が広く、かなり走りこんで攻撃参加。 セットプレーに強いのはセルティック時代、中村俊輔選手のキックにセット・プレイで会わせる練習の賜物・・・と思いたい。

最初サラゴサはバルサの攻撃を封じ込んでいい感じだった。 バルサはやっとメッシで1対0で、折り返したら、サラゴサはレッドカードで1人退場。 それからはサラゴサがファウルを取られることが多く、かなり頑張ったがメッシに2得点。 それでも、サラゴサはバルサをかなり困らせていた試合。 2得点後の後半はイニエスタなど選手交代する余裕はバルサにあったが。

さて、10月31日の横浜Fマリノス対広島の試合は三ツ沢スタジアムで観戦予定。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラ・リーガ:レアル・マドリー対ラシン・サンタンデール戦、クリスティアーノ・ロナウドが4発で6対1 [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年10月24日 23日からサッカーよりはアイススケートだった週末。 横浜Fマリノス鹿島アントラーズは前半本山選手からのパスに興梠選手が合わせて2得点。 本山選手が久しぶりの先発でよい動きに対して、横浜Fマリノス対応出来ておらず。 ほとんど防戦一辺倒。

さて、レアル・マドリーが好調。 特にクリスティアーノ・ロナウドが1試合、生まれて初めての4得点。 相手のラシン・サンタンデールが不調というか、弱すぎると言うか。 それにしても、小気味良いほど、クリスティアーノ・ロナウドのシュートが決まっていました。

その4得点のYouTube見つけました。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラ・リーガ:レアル・マドリー対マラガ、クリスティアーノ・ロナウドとエジル大活躍 [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年10月17日 朝から外出。 夕方疲労困憊で帰宅。 仮眠を取って、軽めの夜食とったら少し元気に。

スポーツ記事検索していたら、ラ・リーガのレアル・マドリー対マラガの試合。 アウェーのマラガで、4対1とレアル・マドリーが大勝した試合。 Euro予選でポルトガル代表として、そして主将としてかなり頑張った感じのクリスティアーノ・ロナウドがその好調さを、レアル・マドリーに持ち込んで大活躍。

そしてレアル・マドリーの23番。 エジルが早速、クリスティアーノ・ロナウドとのグッド・コンビネーションで、始め左サイド、そして途中から右サイドで動きがいい。

それぞれファンがYouTubeに投稿した映像を見つけました。 同じ試合だけれど、それぞれクリスティアーノ・ロナウドを中心に編集したものと、エジルを中心に編集したもの。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラ・リーガ、バルセロナ・ダービーを観る [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年4月18日 2年ぶりにまたIT系の試験。 2年前、この試験を受けに行って、地下鉄の階段を真っ逆さまに落ちて、左足首剥離骨折。 あれから2年もたつのだ。 その為の準備もあって、ブログのUPもご無沙汰。

4月17日は横浜Fマリノスがアウェー、山形へ乗り込んでの試合。 これは映像を見る機会がないので、日本経済新聞の受け売り。 

「俊輔FK、光る精度  悪い流れ断ち切る」。。。そしてヘディング・シュートを決めた坂田選手については、どちらかというとグレイ・トーンで少し明度落として、「坂田の決勝点アシスト」

ということで18日は試験が終わったのは夕方。 それから食材を買って、家で夜ご飯。 そのあと、スペイン・リーグのバルセロナダービーをTV観戦。

バルセロナ・ダービーは言わずと知れた、バルサ対エスパニョール。 エスパニョールといえば6ヶ月ほど中村俊輔選手が所属したクラブ。

地元のガチンコ勝負で、流石のバルサも気を抜けないということだが、ホームで強いエスパニョール。 前半からガンガン行くのはエスパニョール。 バルサはほとんどバルサらしい試合運びにはならず。 エスパニョールの選手達、走ること走ること。 エスパニョール1月頃よりはチームらしくなっていた。 バルサへのプレスが効果的で、バルサの良さを徹底的に消し去るスタイル。

メッシの場合、メッシの回りは5人ぐらいのエスパニョールの選手が囲んで、抜け出す穴はなかなか見つからない。 結局0対0のスコアレス・ドロー。 メッシは今一番輝いている選手だが、メッシ対策のエスパニョールの闘いぶりはかなり有効だったようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

エル・クラシコ、シュート数は圧倒的にレアル・マドリー、でも決めたのはバルサ [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

4月11日早朝、スペイン・リーグのエル・クラシコ、レアル・マドリー対バルサの試合をTV観戦。 バルサがマドリッドのサンチャゴ・ベルナベウに乗り込んでの闘い。 08/09の2試合、そしてカンプ・ノウでの1試合、いずれもバルサの勝利。

チャンピオンズ・リーグも敗退しているレアル・マドリーは是が非でもリーグ優勝を狙っているのでこの試合は絶対勝利しなければならない。 そのため前半からレアル・マドリー怒涛の攻撃。 中盤のシャビ・アロンソ選手は最初から強烈なミドル・シュートで攻撃の口火を切るが、弾道は右に。 攻撃的布陣のレアル・マドリー、イグアインとクリスティアーノ・ロナウドの2トップ。 選手皆チャンスがあればシュートを蹴ってくる。 バルサのGKバルデス選手がナイス・セーブの連発。

クリスティアーノ・ロナウドも得意の左サイドから何度かシュートを放つが、いまひとつマンチェスターUの時代の鋭さがない感じ。 怒涛の攻撃でシュート数も勝っているレアル・マドリーを相手に、いつもよりはボール・ポセションが高くないバルサだが、攻撃の司令塔シャビ・エルナンデスが、レアル・マドリーの穴を狙って、メッシとワン・ツーで絶妙のパス。 メッシはボールを受けると、ドリブル突破。 そして数少ないチャンスをものにできるシュートの上手さで先制点。 そしていきり立つレアル・マドリーを尻目に、シャビは今度は右サイドにスルーパス。 09/10のバルサの若手のペドロが右サイド走りこんできて、ミドル・シュートで2点目。 ペドロもまだ若いがシュートの精度はバルサでも高いほう。 2対0とレアル・マドリーのホームで完封勝利。 4戦全勝はバルサの歴史を作った。

シュート数で圧倒したレアル・マドリーだが、シュートの枠をはずすものが多く、またバルサのGKバルデスの好守に阻まれ、得点出来ず。 レアル・マドリーが試合の前半に圧倒的な攻撃を仕掛けたが得点には結びつかなかったのは、UEFAチャンピオンズ・リーグの対リヨン戦でも同じ構造。 あれだけの得点能力の高い選手を揃えていながら、シュートが決まらないのは何か理由があるのか。 やはりメッシの上手さが際立つ。

横浜Fマリノスもシュート数は相手チームより多いが決まらないというのは何か共通の問題があるかも。 

今、スポーツニュースを見ていたら、スペインでも同じ意見の記者が。

記事のタイトルはあらゆる面でバルサが上。 Goal.comの日本語ニュースから

http://www.goal.com/jp/news/1579/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB/2010/04/12/1875343/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%81%A7%E6%98%8E%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%B7%AE


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シャビはパサドール(パサー)と呼ばれるのが好き [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

先日バルサ・エス・バルサという番組を見ていたら、バルサのエルナンド・シャビ選手のインタビューを紹介していた。 15分という比較的短い番組だったが、ひたすら焦点はシャビ選手に。 最近は選手そのものの受け答えで番組が進んでいくのが多いが、シャビはお喋りが苦手らしく、本人よりシャビのお父さんとか、バルサ・カンテラのコーチとかシャビをよく知る数名のインタビューで構成してあった。 勿論、シャビも短いコメントは何回か発しているが、大部分は知人がしゃべっていた。

こちらは番組として見ていたので、印象に残ったことだけ。

シャビは10歳でバルサのカンテラに入って、18歳でトップ・チームでデビューした。 その頃、グアルディオラ(監督)がまだ現役のサッカー選手、バルサの4番で、ワン・ボランチ・・・ピッチ上の監督とか指揮者と呼ばれているポジション。 グアルディオラともピッチで一緒に戦った経験があるので、グアルディオラ監督とシャビのサッカー観から戦術などの理解は共通のものがある。 二入は阿吽の呼吸で理解しあえる。

シャビは10歳の頃から、ポジションはボランチ。 パスが上手く、選択眼と視野が広い。 チームの戦術を組み立てるのに長けていた。 バルサのトップ・チームに入ってからもズーッとボランチで、シャビをボランチから攻撃的MFにコンバートしたのは、ライカトール監督。 それまで4番だった背番号が7番に。 ボランチから攻撃的MFに変わったことで、より攻撃的なサッカーを展開することができてサッカーが楽しい。

シャビのお父さんも頻繁に出てきていたが、お父さんもサッカー選手、お兄さんもサッカー選手ということで、自然にサッカー選手に。 

今のパス・サッカー主体のバルサ・スタイルを貫くグラウディオラ監督を支えるのはシャビとイニエスタ。 シャビはパスの出し手である場合が多く、メッシなどのように華やかな脚光を浴びることはないポジションなので、Euro2008でスペイン代表が優勝しそのMVPに選ばれたことは非常な名誉であるとともに、地味なパサドールが一躍注目を浴びたことはバルサの人々は大変喜んでいる。 シャビもそれは嬉しそうに自分の一番の喜びの瞬間だったとコメント。

シャビとしては、パサドール(パサー、パスが得意な選手)と呼ばれるのが一番好きだと。

シャビは有名な選手になっても、バルサの練習場には地下鉄で通っているらしい。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

メッシのハット・トリック、バルサ出場試合199で、113ゴール! そしてヨーロッパ高給取りTop10! [ラ・リーガ・エスパニョーラ]

2010年3月25日。 今日はビデオかTV2台あればいいという状況。 ビデオあることはあるけどほとんど不使用。 ビデオとっても見る時間ないから。

まずアイススケートの世界大会で男子ショート・プログラム。 小塚選手、織田選手そして高橋大輔選手の演技をみて、一方、同じ時間帯でラ・リーガ第27節:バルサ対サラゴサ戦。 前半は1対0だったが、後半メッシが大爆発でハット・トリック。 ところが後半余裕が出てきたバルサが、今不調のイブラヒモビッチに点を取らせようとボールを集めたが、不発。 かえってその余裕をついてサラゴサが2点を連取。 3対2と点数が詰まってしまうが、終了間際、右サイドからメッシがドリブルでゴール前に攻めこむと、サラゴサがファウル、PK献上。 

このPKはイブラヒモビッチがキッカー。 確かに表情が硬いし、楽しくなさそうだが、きっちり決めた。

そのメッシのドリブル・ショーの画像をゲット

さて、MailOnlineの3月24日付け記事にヨーロッパ選手高給取りランキング(年収)が発表になっていた。 一部日本のスポーツ紙にも記事が転載されているようだが、トップ10人の選手が出ていたので。

もとはフランス・フットボール紙の数値:

1. リオネル・メッシ 29.7百万ポンド (1ポンド138円ぐらいか)/41億円

2. デービッド・ベッカム 27.3百万ポンド/37億7千万円

3. クリスティアーノ・ロナウド 27百万ポンド/37億3千万円

4. カカー 16.9百万ポンド/23億3千万円

5. アンリ 16.2百万ボンド

6. ロナウジーニョ 15.5百万ポンド

7. カルロス・テベス 13.8百万ポンド

8. イブラヒモビッチ 13百万ポンド

9. フランク・ランパード 12.8百万ポンド

10. サミュエル・エトオ 12.4百万ポンド

メッシの年収の内訳は、2009年12月にバルサとの契約更新して、税引き後、1週18万ポンド、バルサで6冠を達成して収入はうなぎ登りで、総額1週57万ポンド。

そして、監督でいえば、

1.モウリーニョ  11.7百万ポンド  (ヨーロッパでサッカー監督しよう)

2.マンチー二  10.8百万ポンド

3.スコーラリ   8.5百万ポンド

でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - ラ・リーガ・エスパニョーラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。