So-net無料ブログ作成
検索選択
Naka Quick News in Spain ブログトップ
前の10件 | -

エスパニョールの中村俊輔選手を訪ねた日本サッカー協会の原博美氏 [Naka Quick News in Spain]

日本サッカー協会の原博美氏がエスパニョールの練習場サン・アンドリアに中村俊輔選手を訪れたニュースは既に流れているが、スペインの地元紙MundoDeportive.esにも2月20日付けで、写真付きで記事が載っていた。

タイトルは「日本サッカー協会は中村俊輔について非常に気にかけている」

その記事の多くはすでに繰り返されている内容だが、その中でおやっと思ったところを。

日本サッカー協会は中村俊輔選手の置かれた状況について大変心配している。 ポチェティーノ監督の下、ほとんど出場機会を得られないまま、排斥されようとしていることで、2010年FIFA南アWCへの(代表選手として)出場も危ぶまれることから、中村は出場機会を求めて日本に帰国しようとしている。

昨日(19日)日本サッカー協会の原氏はサン・アンドリアで中村俊輔選手と言葉を交わしたようだが、目的は単に、中村のフィジカルと精神面のチェックだけだということだ。

原氏によれば、

「日本サッカー協会は中村俊輔選手の置かれた状況に非常に関心を持っている。 理想を言えば、2010WC出場のためにコンディションを上げるために、もっと試合に出て欲しいが、そのために日本に帰国するかどうかは、彼の代理人とエスパニョールの問題であろう。 

エスパニョールで中村が出場機会を与えられなくて排斥されている状態のポジティブな面を見れば、セルティックでは酷使されて負傷が絶えなかったが、こちらではそういうことにはならないから、逆によかったかも。。。と原氏は皮肉った。」

難しい局面ではあるが、原氏によれば、「中村俊輔選手は出場機会が少なくても、2010WCの日本代表入りを阻害するものではない。 彼は大変経験豊かな選手であり、技術的にも彼の右にでる選手はほとんどいない。」

20100220dasdasftb_2.jpg

最近スペインの地元紙に載っている中村俊輔選手の写真はわざととしか思えないほど暗い顔の写真ばかりだったが、久しぶりに笑顔の写真をみつけたので。 文句がきたら削除します。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中村俊輔とベン・サハルは共に残留 [Naka Quick News in Spain]

2010年2月2日 日本代表対ベネズエラ戦はスコアレス・ドロー。 この試合については別に書く。

エスパニョールでは1月の移籍マーケットについて獲得したい選手とか放出したい選手とか結構12月から記事を賑わしていたが、ミドルスボロのゴードン・ストラカン監督が、自分のチームがイングランド2部で低迷しているところから、セルティックからかなりの選手を引き抜いた。 あのマクドナルド選手も移籍。 セルティックは選手を売った金でロビー・キーン選手など獲得。 ミドルスボロの有力若手がマンチェスター・シティに引き抜かれたこともあって、中村俊輔選手獲得に動いているということ。

さて、2月2日午前3時のMUNDODEPORTIVO.esにエスパニョールの中村俊輔選手とベン・サハル選手について移籍の話の結果が出ていたので、日本語に要約して紹介する。

中村俊輔選手、「俺は残る」

中村とサハルはエスパニョールに残留することを望み、オファーを断った。 

中村とベン・サハルはこの冬の移籍市場で他へ移ることを拒否。 何の躊躇もなくオファーを拒否した。 両選手ともエスパニョールでは出場機会には恵まれていないが、一層頑張ると表明。

サハル選手のお母さんは代理人を勤めることがあるが、出場機会に恵まれない息子をイスラエルのチームに復帰させたがっていた。 Euro2012を目指し、サハル選手はエスパニョールの4年契約を全うさせるつもり。

中村の意思は明確だ。 地元紙Mundo Deportivoの記者に1週間前、「俺は残る」と即座に答えた。 彼のコメントは力強く疑いもない。 イングランド2部で実力を証明するよりはここスペイン・リーグで頑張りたい。 

とはいうものの、中村には別のオプションが用意されている。 日本の移籍市場は2月末まで。 中村が次の数試合(対レアル・マドリー戦、対デポルティーボ戦、対マラガ戦)で結果を出せなければ、日本に帰国するということも視野に入っている。 その場合、エスパニョールはすんなりと放出するだろう。 中村はこれらはすべて2010南アWC出場のためであり、12月には日本代表の岡田監督は、中村を招集するだろうが、それもチームのレギュラーである必要があると述べている。 そのためには日本帰国も当然の選択肢だ。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

"Naka"大作戦開始 [Naka Quick News in Spain]

昨年の12月にスペインの地元紙に、エスパニョールが中村俊輔選手をチームにフィットさせるために何でも試してみるという"Naka"大作戦の話が出ていたが、その続きといえるような記事がSport.esに載っていたので、日本語に要約して紹介する。

タイトルは「中村問題も佳境に」

来週、日本人選手の再生プランを検討する。 エスパニョールの中村俊輔選手について、クラブでは所属する選手のなかで最高レベルの選手だと認めているが、望むべくパフォーマンスからは程遠いということを認識しており、このまま手を拱いている訳にはいかない。 エスパニョールでは、解決策を見出すべく真剣に取り組む覚悟。 

来週に中村俊輔選手の代理人ロベルト佃氏と会う。 中村俊輔選手の技術については疑う余地はないが、フィジカルと何となくチグハグなプレイについては問題である。 子細に検討して、ラ・リーガの後半戦に向けて、必要ならフィジカルを上げる特別プログラムも用意する。 

中村俊輔選手の試合出場への意欲は明らかで、練習も一層努力しているし、最近もサン・アンドリアの練習場を後にするのも最後。 先週の土曜日の対サラゴサ戦でも試合後ももくもくと1時間も練習。 日本代表のMFは、エスパニョールで試合に出られない時に、代表監督からの課題をこなしているようだ。 

もう一つの課題は社会への順応。 中村の家族も近いうちにバルセロナにもどってくるので、中村俊輔選手に憩いと家族との幸せがくる。 

ポチェティーノ監督も、先週報道陣をシャットアウトした練習では、中村俊輔選手をオーガナイザー(トップ下とボランチのことか)の位置でプレイさせてみていた。 何にしても、エスパニョールではあらゆることを試している。

 


バルセロナにもどった中村俊輔、直ぐにチーム練習に合流 [Naka Quick News in Spain]

2009年12月28日、スペインの現地時間27日にバルセロナにもどった中村俊輔がエスパニョールのチーム練習に早速合流した事が、スペイン地元紙のMundoDeportivo.esに出ていた。

記事のタイトルは「中村はレギュラーをとりにいく」

中村は昨日バルセロナに降り立ったが、ゴールに結びつくような明らかなイメージをもっているようだった。

クリスマス休暇明け、28日午後、中村はサンドリアのチーム練習に合流。 エスパニョールでは、中村がエスパニョール、スペイン・リーグ、またはバルセロナ(の地)に適応に失敗したことで、非常に気を使っている。 この休日に、もしこのままで、2010WC日本代表の地位を危うくするくらいなら日本に移籍するクラブを探すのではないかとも心配していた。

日本で十分休養できた。 

「ここ何年も、スコットランドではこの時期に休暇をとって日本に帰ることなどできなかった。 だからこの休日でかなり楽しむことができた。 (エスパニョールに)もどって、できるだけ早く適応できるよう、いろんなことを試す。 レギュラー取りにはなんでもするつもりだ」と、このシーズンの後半の活躍を望んで、興奮気味に中村は語った。 

中村の適応が失敗して、もし試合に出れない状態が続けば、来年の夏に予定している日本遠征にも悪影響が出ることになる。 日本遠征の成功には、中村がもっと試合に出場して、活躍することで、エスパニョールのサポーターにとってもアイドルになることが不可欠だと。

中村は午後5時にサンドリアに集合して、土曜日の対バレンシア戦に向けて練習を開始。 タムド、ダビッド・ガルシア、フェルナンド・マルケスも怪我から回復して練習に加わる予定。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スペイン地元紙が伝える"Naka"大作戦 [Naka Quick News in Spain]

2009年12月16日と17日は夜中にクラブ・ワールドカップの準決勝戦を2試合見た。 そのため続けて睡眠不足の状態。

バルサとアトランテの試合は見ごたえがあった。 最初に前半の早い時間帯にボール・ポゼションがいつものように高く、しかも敵陣でボール回しをするバルセロナに対して、一瞬の隙をついてカウンター攻撃をかけたアトランテ。 ゴール前にかなり飛び出していたGKバルデスを迂回して無人のゴールに楽々と先制点を決めたアトランテ。 前半40分近くにセット・プレイで追いついたバルサ。 それでもこのままいくとアトランテにやられてしまうかもと思わせる試合展開だった。 後半、前半の膠着した状態が続くと見たグアルディオーラ監督は直ぐにメッシとピケを投入。 

メッシがピッチに入って、シャビとイニエスタがヨリ生き生きプレイを始めたのが、今のメッシの好調さを表している。 黄金の三角だ。 足首捻挫でクラブ・ワールドカップの第2試合(=決勝戦)まで出場を見合わせるのではということだったが、メッシ登場にスタンドは大歓声。 でたら2分で、ゴール前を斜めに迂回するように進んでいって、最後は1対1でシュート。 勝ち越し弾。 メッシがでてくるまでアトランテも持ち味だしていたけど、メッシの登場した後半は防戦一辺倒。 3対1でバルサの勝利。 それでも前半のバルサを流れの中からゴールを決めさせなかったアトランテの戦いぶりには感心。

さて、エスパニョールの中村俊輔選手の不調について、クラブでポチェティーノ監督が会見を開いたことから、スペインの地元紙ではそれについての記事がかなり出ていた。 その中でMundoDeportivo.esの記事を日本語で要約して紹介する。

タイトルは「中村の順応促進計画」

中村の順応の遅さに困っているエスパニョールのコーチ陣は、何とかして中村を順応させようと、通訳をつけることも検討。

チームと環境に慣れてくれるだろうと期待していた5ヶ月間が過ぎても、中村の状態は期待とは程遠いという結論に至った。 言葉の問題か、文化の違いか、それともポチェティーノ監督のサッカー・スタイルにフィットしないのか。。。問題は何にしても、クラブは早期に解決を図る決心をした。

ポチェティーノ監督は昨日、中村のスペイン・サッカーへの順応が思っていた以上に遅れている事実を認め、その状態を改善させるためには何でも試すことにしたと語った。 コミュニケーション、文化の問題ではないかと監督は自分に言い聞かせるように語った。

一番の障壁は語学。 レッジーナの3年間でもイタリア語を使いこなせるには至らなかったし、4年いたセルティックでは英語をほとんど使わなかった。練習中にポチェティーノ監督が指示を出しても、中村はまるで火星人のようだった。 クリスマス休暇が明けたら、彼に通訳をつける電撃的方法も検討している。 来週の月曜日から中村は東京に帰郷し、家族とクリスマスを過ごす。 

もう一つの問題は、彼の家族だ。 中村の妻と子供はいま東京で暮らしている。 

中村の取り巻きの日本人の記者達によると、中村は今はプレイを楽しんではいないものの、不満をいだいているわけでもない。 中村はよりゴールに近いところで、もっとエゴを出してプレイすることを考えているということ。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中村俊輔選手、22日の対ヘタフェ戦に出場意欲 [Naka Quick News in Spain]

2009年11月19日に香港からスペインバルセロナにもどった中村俊輔選手が、22日のホームでの対ヘタフェ戦への出場意欲を語ったことが、スペイン地元紙のMundo Deportivoの21日付け記事になっていたので、日本語に要約しておく。

20日にバルセロナに到着し、サン・アンドリアのチームのトレーニングに参加。 中村の移籍に約500万ユーロの金が動いたというニュースが出た直後で、渦中の人となってしまったが、そのことについては否定もせず無言で距離を保っている。

明日の対ヘタフェ戦には出場意欲を示した。 エスパニョールが(中村を)獲得したことは間違いだったのではという、中村のパフォーマンスへ辛口の声を黙らしたいところ。

中村は「よく眠れたから疲れていない。 練習して汗をかいた。 明日の対ヘタフェ戦にはプレイできる。」

日本代表戦で2試合戦うのに長距離の移動と時差の問題で疲労を心配する質問に対して、中村は「こういう疲労はいつも1週間後に出てくる。 すこし疲れているけど、大丈夫。 試合に出たい。」

香港戦で1ゴールあげた中村は、エスパニョールの試合では選手としてより個人技が求められていることを強調した。

尚、中村俊輔選手はポチェティーノ監督の対ヘタフェ戦に召集した18人の選手リストに入っている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

MundoDeportivoが案じる中村俊輔選手の懸念材料 [Naka Quick News in Spain]

2009年11月16日 サッカー日本代表は南アフリカから香港に。 中村俊輔選手も帯同。 移動時間が長いことから、少し前までは南アフリカでの試合のみ出場で、スペインバルセロナにもどると思われていたから、意外な感じだが、対南アフリカ戦では30分しか試合出場していないからか。。。

さて、スペインの地元紙MundoDeportivo11月16日付けの記事には、中村俊輔選手のプライベート・ライフについて懸念しているというのが出ていたので、日本語に要約して紹介する。

タイトルは「中村俊輔の懸念材料」

中村俊輔の家族は今日本に里帰り、そのためバルセロナで一人ぼっちの中村は不機嫌。

中村俊輔の(暗い)ムードは日常のトレーニングや試合にも影響を及ぼしている。 中村は家族連れでバルセロナにきていたが、新しい環境に順応するまえに奥さんと子供は日本に帰国。 家族から離れてしまったことで、中村は克服しようと努力はしているようだが、100%(サッカーに)集中できなくなっている。 中村俊輔自身にとっては、(エスパニョールの)仲間やコーチ達とうまくやっており何の問題もない。 ところが、家族思いの彼にとっては家族と離れて暮らすことは寂しすぎるらしい。

中村は11試合中7試合しか出場できていないし、そのうちの2つはスペイン国王杯の試合だが、だんだん彼のプレイは良くなってきている。

エスパニョールは、メディアのことを気にしている。 中村の移籍でクラブに経済効果をもたらしたし、来年の日本ツアーをふいにしたくない。 

ポチェティーノ監督は、中村の家族はすぐにバルセロナにもどってくると確信しているようだが。

さて、夕刊のみ出ている16日付けの東スポーツには「中村俊輔来年1月J復帰(レンタル移籍検討)」なんて記事が出ていた。 エスパニョールでスタメンを確保していないから出場機会を求めてJリーグにということだが、デービッド・ベッカムがイングランド代表に選出されたくて、カッペロ代表監督のだした条件「ヨーロッパの強豪チームでプレイすること」を満たすため、今年につづいて来年の1月から6月までのACミランヘノ短期レンタル移籍をすることをまねるのかとおもったが、もしかしたら理由の一つはこのことなのかな???

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中村俊輔の逆襲の狼煙 [Naka Quick News in Spain]

2009年10月30日、スペインの地元紙(Marca.com,MundoDeportiove.es,Sport Espanyol)はこぞって中村俊輔カシオイベントでのインタビューでのコメントを掲載した。

3紙の記事の内容はほぼ同じ。 カシオのGショックのプロモーションのイベントに出た中村俊輔に対してインタビューがありそれを取材したということらしい。

記事のタイトルは微妙に異なるが、言わんとしている事は「中村はまだスペイン・サッカーフィットしていないと自身が認めた」

記事をそのまま訳すのでは無く、ポイントにまとめた。

・スペイン・サッカーのリズムに慣れていない。

・エスパニョールのキャプテン、デ・ラ・ペーニャが中村の最大の理解者

・もっとアグレッシブにプレイしないといけない。

・まだまだ改善すべき点が一杯ある。

・もっと積極的に、もっと敏速に。

・スペイン・サッカーのスピード、ボールのスピードにはまだ慣れていない。

・スペインでのゲーム・システム(試合運び)にはまだ慣れていない。

・エスパニョールの試合運びは速い。 スピードのある選手が一杯。 自分はそのレベルまでスピードを上げる必要がある。

・慣れるのは時間の問題。 そのために俺は全力を尽くす。

・中村はチームでは慎重すぎるほどだ。 だがプレッシャーを感じているわけではないし、自信もある。

・もっと自分のプレイにエゴイスティックに、競争心むき出しにしてライバルに打ち勝つ必要がある。

・スペイン・リーグは世界で最強で、もっとも魅力的。 

・私生活は落ち着きを取り戻している(子供連れで引越しなどで大変だったけど)

・バルセロナでのカタリューニャのカスティーリヤ語は習得中。

以上でした。 3社から写真も拝借。 文句が来たら削除します。

foto_397988_CAS.jpgskdeuidj6.jpg1256901953_0.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カップ杯:エスパニョール対ゲタフェ、アウェーで0対2 [Naka Quick News in Spain]

2009年10月28日現地、29日午前4時(日本)、コパ・デ・ル・レイ(カップ戦) アウェーでエスパニョール対ゲタフェ。  日本で放送無いので試合の詳細分からず。 スペインニュースから。

中村俊輔選手先発出場も、53分イヴァン・アロンソ選手と交代。 交代間もなく60分、ゲタフェが1ゴール。 66分にマルケス選手がヴェルドゥー選手に交代。 そうすると交代間もなく70分にまたしてもゲタフェが2得点目。 エスパニョール0対2でゲタフェに負ける。

こうして数字上では、交代間もなく2回も相手に得点許すということは、交代でチームのなかでのコンビネーションが定まらない隙を狙われたというか。。。。 尚、カメニ選手など、リーグ戦の先発メンバー7人は帯同せず。

中村俊輔選手、こうみると、まだあがいている感じ。 チームにフィットすることは勿論、スペイン・リーグにも。 研究熱心だから、もう少しで上手くワーク出来ると思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ポチェティーノ監督、中村俊輔選手を“可愛がる”・・・とSport.esは伝える [Naka Quick News in Spain]

2009年9月26日付けSport.esにはかなり刺激的な表現の記事が出ていた。

“可愛がる”と訳したが、辞書によると、他にも、甘やかす、ちやほやする、溺愛する。。。など親が一人っ子を溺愛するというときに使う言葉。 傍目からみれば少しやれやれというニュアンスがある言葉。 要約して日本語でご紹介。

記事のサブ・タイトルは「コーチ陣は中村俊輔選手のパフォーマンスに満足」

ベンチ・スタートにも係らず、対マラガ戦で中村俊輔選手はイバン・アロンソ選手の2対1の勝利弾をアシスト、好調さをアピール。 ポチェティーノ監督やテクニカルや科学的トレーニング担当のフェリシアーノ・ディ・ブラッシ氏を始めコーチ陣は皆、エスパニョールの好調さの上げ潮を維持したいところ。

その成功の鍵を握るのが、最大の可能性を秘めた中村俊輔選手。 そのため、コーチ陣はサン・アドリアの昨日のトレーニング・セッションでは中村俊輔選手の状態に特別の関心を払った。 今週末の対ヘラス戦で中村俊輔選手の持つテクニックの強みを最大限発揮できるように、ポチェティーノ監督をはじめコーチ陣は、プレイの途中に中村俊輔選手と常に会話を交わし、エラーの修正をしていた。

これでエスパニョールの右サイドの中村俊輔選手の望む、右SBとのオーバーラップや右ボランチとの連係がスムーズになれば、中村俊輔選手も右PA内への切り込みがもっとやりやすくなるかも。

URLはエスパニョールの公式HPスペイン語版に掲載されている練習風景、確かにポチェティーノ監督が中村俊輔選手に話しかけている姿が。

http://www.rcdespanyol.com/funciones/php/galeriaimagenrotator.php?tipoContenido=2&contenido=7578&idioma=1

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - Naka Quick News in Spain ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。