So-net無料ブログ作成

天高く馬肥ゆる秋。。。秋は少しロマンチックに [作品]

天高く馬肥ゆる秋・・・という句は多分中学校で習ったと思う。 モンゴルなど遊牧の騎馬民族が、秋には馬にえさもたっぷりで、戦争の準備に余念がない秋・・・ 近隣の国では、それら騎馬民族が国境を越えて侵略するのを心配する・・・という意味だったと思う。

秋は青空が広がり、抜けるような空のことを天高くとも表現する。 抜けるような空は、秋でなくても、モンゴルの夏の空がそれこそ天高い空。 10年前の夏にモンゴルを訪れたことがある。 モンゴルも百聞は一見にしかずということばがピッタリの地だ。

少し肌寒くなったけれど、まだ太陽の光が十分に強い秋に、その光の投影を楽しむネックレスを2種作った。 

ひとつはライト・グリーンのコロンとした半貴石。 石の性質から丸い葡萄の実のようなカーブのマスカット・グリーンのプレナイト。 最初はオーソドックスにそのまま繋げてみたが、石の色がマスカット・グリーンでしかも透明なので、かなり大人しめでアクセントにはならない。 そのまま1年が過ぎて、今年の初秋に一度ばらして作り直した。 

昨年の秋に半貴石のチップスに凝っていたとき、見た瞬間にどうしても欲しくて衝動買いしたエメラルドのチップス。 チップスだったがかなり高価だった。 それが手元に届いたとき、様々なレベルのグリーンのさざれの石が鋭角な角度を持っているのにビックリ。 そのエメラルドのチップスをマスカット・グリーンのプレナイトの間に挟んで、甘やかで初々しいマスカット・グリーンのプレナイトに少し翳を作ったら、シックな、それでいてグリーンが清々しい感じに仕上がった。DSC07151クリア・グリーン.jpg

もう一点はシルバー・バイオレットの淡水真珠。 大き目のライス(俵)型の淡水真珠はかなり質感と輝きが均等でかなり上品なもの。 そして、淡水真珠の場合、粒が小さいものほど高価になる色と質のものがあるが、その小粒のシルバー・グレイの淡水真珠。 こちらも交互につないで、遊び心を出したもの。 これからセーターの上でも、ネックの開いたTシャツタイプのインナーにもつけられるように長さを工夫。 メタリックな色味が魅力的。DSC07149ラベンダー淡水真珠.jpg

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

暑中お見舞いに差し上げるネックレス [作品]

梅雨も明けて本格的に暑い夏の到来ということだが、年々地球の温暖化ということで、既に5月頃から暑い。 そのため、梅雨明けですといわれても、少し日本の四季感に変化が現れている気がする。

7月の声を聞くと、お世話になった方へ差し上げるネックレス作りというのが、ずう~と頭を離れなかったが、昨年よりは時間的に余裕がいまひとつ。 

その時間的余裕がなくなり始めたのは去年の夏頃からで、カウントすると、ほぼ1年になるわけだが、かなり色々な、どちらかというと制限不能なハプニングみたいなことが次々と起きた。 その起きたことの多彩さと、結構印象に残ってしまう出来事から、多分ここ数年来の出色の一年だったということになるかもしれない。 

さて、4月に中村俊輔選手の応援ツアーに過去参加した人の会が催され、会費制だったが、中村俊輔選手の所属する事務所の大幅なバックアップがあって、その会費よりも上だろうと思えるお土産も用意していただいていた。 とは言っても、人によっては沖縄や熊本や四国から交通費と宿泊代も自腹を切ってということなので、それなりに参加するまでに大変ということだが。

2007年3月に一緒だった人達や11月に一緒だった人達、それぞれだったが、100人以上にはなっており、大変にぎやかな会。 年齢はそれこそ大学生から中高年まで多彩。 それらの人々がすべての背景を超えて一つのキーワード「中村俊輔」で盛り上がり、楽しむことができた。

4月の集まりで、わざわざLalaに手土産をくださった方がいらしたので、グラスゴー、セルティックに因んだネックレスを作成した。 夏らしくベネチアン主体。 ベネチアンの丸玉でグリーンの色はショップでほとんど見かけなくなって入手困難。 ファンの気持ちを表すハート型で、つなぎのビーズは本金ビーズ。 

日本代表のジャパン・ブルーのユニもゴールドをアクセントにしているし、セルティックのグリーンとホワイトのユニにもゴールドがさりげなく飾りに使われている。 またセルティックのアウェーのユニはイエロー・ゴールドと称する山吹色にグリーン。 最初にこれを見たとき、なんかブラジル代表のユニやオーストラリア代表のユニと印象がそっくりだと思ったが、セルティックのファンの掲示板にもそんなコメントが一杯載っていた。 

それでセルティック・ホーム・バージョンとアウェー・バージョンの2つを作ったのでご紹介。 ホーム・バージョンは静岡県の方に、アウェー・バージョンは沖縄の方に進呈しようと思っている。 東京土産として、深川八幡さまのある門前仲町の、Lalaがこれはイケル!と推奨するおせんべいと一緒に送るつもり。

DSC06549セルティックBUP.gif

DSC06547セルティックAUP.gif

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

新ジャパン・ブルーのネックレス:ホーム・バージョンとアウェー・バージョン出来ました [作品]

2008年からサッカー日本代表の新しいユニフォームが披露されたので、それに因んで新しいジャパン・ブルーのネックレスを2種類を作成。

ひとつは横浜日産スタジアムの対オマーン戦で日本代表が着ていた“ホーム・バージョン”でジャパン・ブルーの青を主体としたもの。 もうひとつはアウェーのオマーン戦で日本代表が着ていた白を基調とした“アウェー・バージョン”。

昨年の夏にもジャパン・ブルーのネックレスと、グリーンと白のセルティック・グリーンのネックレスをつくり、すでにご紹介している。 その時のジャパン・ブルーのネックレスも、やはりホームとアウェーの2種類作成した。 アウェー・バージョンは手元にあるが、ホーム・バージョンは最もふさわしいと思われる方にセルティック・グリーンのネックレスとともに昨年秋に進呈している。

さて、今回の新ジャパン・ブルーのネックレスであるが、ホームもアウェーも同じデザイン。 真ん中に日の丸を意識した赤と白のベネチアン・ビーズ。 青のベネチアン・ビーズは玉のサイズは同じだが、昨年のものとは異なり、内側にメタリックの蒔きが入ったもの。 しかもメタリックの外側はシルバーで内側はゴールドと凝ったもの。 少し斜めから見ると中のゴールドがわかる。 つなぎのビーズは青のものと、本金加工の金色のもので、新しいユニフォームのゴールドのラインを意識した。 

ベネチアン・ビーズはボリュームがあり存在感があるが、かなり重量がでてしまうので、減量するべく、小さなビーズを間にいれることでバランスをとった。 金具は勿論、銀の金メッキ加工のもの。

上がホーム・バージョン。 下がアウェー・バージョン。

DSC04851新ジャパンブルー2UP.JPG

DSC05708新ジャパンブルーアウェー4UP.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

5月の青空に映えるロング・ネックレス [作品]

少し時間にゆとりがなくなったので、手作りネックレスはあまり作品がない。 3月に桜のネックレスを作った後、仕上がっているのは2本。

1本は以前紹介したミモザのネックレスを少し長めにしたもの。 ミモザのネックレスは基本Y字スタイルで、首の周りで留めた片方を胸の前で下げるもの。 全体はスワロフスキーで、両サイドには手作りビーズで有名なイタリアのベネチアンのそれもクラッシックな花のパターン。DSC03388新モミザネックレス1UP.JPG

今回少し長めに作ったのは、両サイドを繋げれば、普通のロングネックレスとして使用できるように。 黄色とクリスタル、そして少し渋めに色をアクセントに加えることで、表情豊かになったと思う。 花のベネチアンは少しロマンチック。 あまやかな雰囲気を気軽に楽しむもの。 こちらは知人の奥様にすでに差し上げたもの。 Lalaの作品から、ミモザかオディールとのご希望で。

もう一本は、黒と白とクリスタルとシルバーのロング・ネックレス。 スワロフスキーのマットな黒と白。 そしてクリスタルは普通のと煌きの強い加工を加えたものを。 繋ぎにはシルバーのビーズで。 オーソドックスなパターンで、出来上がりは以外と大人しめ。 少し石の大きさが小さかったかも。 スワロフスキーの大きなものになる程、少しおもちゃのような感じがするのは避けたくて。 実際につけると光線をうけて、いい感じ。DSC04346黒と白のネックレス2UP.JPG

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

春のうららの桜のネックレス [作品]

先週は春一番の突風が吹き荒れました。 陽射しは一日一日と強くなり、逆に朝と夕方の風が一層冷たく感じる、暖かさと寒さが同居する時期。

隅田川の川べりは桜並木が植えてある場所が多くあります。 浅草、向島、永代橋と昔から有名です。 以前購入してあったベネチアン・ビーズにかなり大きめの長方形で、ピンクの透明ななかに金粉が散らばっている、大人しいような派手なような大きなビーズ。 密かに桜の花のビーズと名付けました。

それだけでネックレスを作ると、重くなってしまいますが、それをポイントにして、繋ぎをチェコ・ビーズでピンク系、サーモン系、クリア系で金属のコーティングのあるものでバランスをとりました。 基本はパールのビーズ。 これは姪にあげるつもり。

この桜の花のネックレスの基本になるデザインは2006年のクリスマスにバレエ仲間にプレゼントするため、最初に考えたバージョン。 中心はベネチアン・ビーズの基本の正方形。 記念に1本とっておいたもの。 

それと半貴石を初めて使って2007年の今頃に作成したアメジストとチェコのハンドメイド・ビーズのネックレス。 何度も試作をして作ったもの。 非常にフェミニンに出来上がったが、今から見ると、少し糸のゆるみの調整がまだまだ。 

それ以外、PHOTO ALBUMに同時にUPしたものは、すでにLalaのブログで発表したものばかり。 
因みに、
セルティック・グリーンとホワイトのネックレス
サッカー日本代表のジャパン・ブルーのネックレス
2007年秋に発表したベネチアン・レッドのネックレス
2007年秋に発表した大きめのアメジスト・ペンダント、紫水晶と紫金石のネックレス。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

少しおすましのスリー・カラー・パールのネックレス [作品]

2008年の最初の手作りネックレスは、ロゼ・シャンパン、ステンレス・シルバー、そしてゴールド・シャンパンのパールとスワロフスキーの小粒のクリスタルを交互に連ねたロング・ネックレス3本。 それぞれ80センチ以上の長さ。 

パールとスワロフスキー・クリスタルを一緒に使ったものは、当然本物のパールの場合、その性質から殆ど考えられないが、フェイク・パールならではの多彩な色と、キラキラ感が楽しめるスワロフスキー・クリスタルを遭わせてみた。 パールのロング・ネックレスは一つぐらいは持っているが、着けてみると、結構単調なので意外と使用する機会は少ない。

パールとパールの間にスワロフスキー・クリスタルを置いてみると、パールにもその光が反映して、より柔らかな表情が出るのと、角度によってクリスタルは虹色が浮かぶので、反射する色も複雑になる。 クリスタルそのものの独自の光がロング・ネックレスにキラキラのアクセントをつけてくれると思う。 パールの上品さを保持するために、スワロフスキー・クリスタルは普通に手に入る最小の大きさのものにした。

晩秋から着始め、少し見慣れてしまったセーターの上や、春先のブラウスにつけると、華やかになって、気分も一新。

スリー・カラー・パールは普通のビーズのパーツ店ではなくて、アクセサリー店の年末在庫一掃セールで非常にお買い得で手に入れたもの。 遊び心を刺激してくれました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

お待たせ!プレゼントの応募要綱決まりました [作品]

Lalaの記事「アクセス・ランキングTop5!+10!(11月特別編)」で予告した、プレゼントの応募要綱が決まりました。

プレゼントは2種類。 
A: Lala手作りのクリスマスに向けてのネックレス(2名様にお好きなのを1点)
   掲載記事はこのタイトル「クリスマスヘ向けてプレゼントのネックレス作り(1)」で、
   そこに4タイプのネックレスが紹介してありますので、気に入ったものを、
   例えば、ロングネックレス、グリーン。。。とか書いてください。

B: Lalaの撮影した写真(2名様にお好きな写真を1点、2Lサイズに紙焼きして) 
   LalaのPHOTO ALBUM→右サイドバーから入れます。
   フォトをクリックすると下部にその写真の番号などが出ていますので、その番号で。 
   例えば、DSC00106陸中海岸20UPを希望とか書いてください。
*ご注意: 好評の陸中海岸の写真は2,3日のうちに最後の10枚をUPします。

応募方法:

プレゼントAかBかどちらか選択して、以下の項目にも回答し、メールで応募ください。(メール・ボックスは右サイドバーにあります)

**メールの件名は、「Lalaのプレゼント応募」でお願いします。 他のメールと識別するためです。

1.郵便番号、住所、氏名 (絶対間違わないで、当選した場合、このまま封筒に貼り付けるので)
2.年代(20代、30代、40代、50代)、性別
3.Lalaの記事で一番気に入っているもの。 それとできれば理由を簡単に。

締め切り: 2007年11月30日のメール送信日があるものまで受付。

賞品は直接発送します。 また発送した日か次の日にはブログでお知らせ。
当選者名などは出しませんので、3,4日で到着しなかったら残念でしたということで。
また個別のメールでのお問い合わせはご遠慮ください。


クリスマスに向けてプレゼントのネックレス作り(2) [作品]

中村俊輔選手、10月に休暇が取れてよかったですね。 先月のストラカン監督の現地での記事で、6月にSPLのリーグが終わり、休む間もなく日本に戻り、キリンカップのコロンビア戦に出場、日本代表の合宿参加、7月に、地獄の灼熱と湿気でとてもサッカーやるような環境じゃない東南アジアでのほぼ1ヶ月弱のアジアカップ2007にフル出場。 8月中旬からスコットランド・プレミア・リーグ開始と同時に今季欧州チャンピオンズ・リーグの予備予選第3回戦から出場、9月に入って日本代表の国際Aマッチ、三大陸大会でオーストリアとスイスと対戦、そして欧州CLのグループ・リーグ開幕。。。こう並べただけで・・・H-h-h-h-u-u-u-h-H!!!ととてつもなく大きな溜息でますよね。

で、ストラカン監督が何ていっていたかというと、ここまでまとまった休みもなしにサッカーを続けたNakaは確実に10月に体力の限界、パフォーマンスが極端に落ちるのは目に見えているから、どこかで休ませる必要がある。。。といっていたということ。 まあ、高原選手も膝とか脚とか足首とかアジアカップ以来調子悪いし、中村俊輔選手も左膝側靭帯故障が治っていないなど、日本のJリーグにいる選手もやはり疲労が積み重なっているらしいので、本当中村俊輔選手に1週間の休みくれたセルティックのストラカン監督に感謝です。 そして、10月17日の対エジプト戦で海外組みの召集を見送った日本代表のオシム監督にも感謝です。

Lalaも普通のサラリーマンで、夜や夜中にサッカーの試合見て、ブログに感想記事載せて、そして個人の趣味(バレエやアクセサリー作りなど)を全うするのも、かなり9月は限界を感じており、今週初めドクターストップがあり、本当にヤバイ状態。 会社には業務の遂行の関係で、出来る限り出勤していますが、バレエはお休み。 アクセサリー作りもストップ。 なるべく休養を取るようにしていて、ベッドの上で、サッカー雑誌を読んでいるとこ(ちょっと笑い)。

今回ご紹介するのは、そのドクターストップがかかる前に仕上げておいたもの。 大き目の淡水真珠だが、形が少し不ぞろいでなおかつ中にしわのようなプリーツが入っているものも混じっているので、通常のものより安く手に入ったもの。 でもサイズは本当に大きい。 それぞれ、水晶のチップとムーンストーンのチップを合わせて、相互に柔らかい光を放ちながら引き立てていると思う。 シルバーのチェーンを今回初めて使ってみた。 一応、プレゼントする人たちは決めてある。基本は同じで3つのバリエーション。 1つ目は若草色の淡水真珠と水晶のチップの組み合わせと白乳色の淡水真珠とムーンストーンの組み合わせとを交互に。 2点目は今年流行の紫グレーの淡水真珠と水晶のチップを組み合わせ、真ん中に白の淡水真珠を置いた。 3点目は大きなブルーグリーンの淡水真珠にムーンストーンのチップを組み合わせ、間に置いた白の淡水真珠はそのままで。 (写真はすべてLalaのPHOTO ALBUMからのスライドにしました。 2007年12月23日)

この後は本当にしばらく何もしない予定。 10月は。 11月は試験があるし、海外旅行も待っているけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

秋冬はすこし”こってり”としたネックレス [作品]

やっと秋らしく肌寒くなりました。

先週、少し気を早くして、クリスマス・プレゼント用に作成しているネックレスを紹介したが、秋・冬用のはどうなっているのかと疑問に思う人がいらしたので、この連休を利用して作り始めたので紹介する。 色味的には夏用にはあまり使わないダークレッドや紫、濃い青、そして緑がかったゴールド。 素材はLalaの好きな半貴石、ベネチアン、そして淡水真珠。

半貴石は石という言葉が入っているので、大振りなものはかなり重くなってしまう。 最初水晶のカットしたもので大きな石のネックレスを作ろうと思ったことがあるが、かなり重量感があり、首が凝ってしまうと思えたので止めたことがある。 ベネチアンもラムネのビー玉のようなものもあり、大きいのは本当に重い。 最近のものはひねりを加えて重量を減らす工夫がしてあるものを見かける。

まず1点目はダークレッドのベネチアン。 一つ一つ手仕事が多いベネチアンは、通し穴が大きく、プロのデザイナーは金属の飾りを通し穴のまわりに施す場合が多い。 まだそこまでいかないので、黒の丸珠ビーズをベネチアンとベネチアンの間に差し色に使う。 実は黒の丸珠ビーズは市場ではほとんど見かけない。 ダークレッドに黒が入ることで非常に大人の落ち着いた赤になったと思う。

もう1点は筒状の紫水晶と紫金石の丸珠で本体は長めの50センチ。 ペンダントとして紫と白の大きな石(アメジストと水晶のバイカラー)をトップに、そしてアクセントに緑茶金(これは染色されたもの)の淡水真珠を使った。 繋ぎはダークな金の大きめなビーズ。 重厚なネックレスに仕上がったと思う。 (最初に掲載した写真では分かりにくいので、陽の光の下で撮ったものに差し替えた。 ペンダントトップのアメジストがよくわかると思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

クリスマスヘ向けてプレゼントのネックレス作り(1) [作品]

この1ヶ月くらいは、サッカーに明けてサッカーに暮れるという日々だった。 勿論時間を見付けてはネックレスの新しいデザインを考えては作り溜めている。 2ヶ月程前真夏のベトナムでアジアカップ2007の日本代表の試合を見て、ジャパン・ブルーと日の丸、そして中村俊輔選手の所属するセルティック・グリーンのネックレスを作る為に、ビーズをかなり集めたが、そのブルーとグリーンで、若い人向けのデザインと気軽に着けて楽しめる、非常に軽いロングネックレスを作成したので紹介する。 この1年親切にしてくださった方々にクリスマス・プレゼントにするつもり。

ブルーを基調としたものとグリーンを基調としたもの、ロングネックレス2点、それぞれ4色のグラデーションの非常に細かいガラス・ビーズとプラスチック・ビーズの真珠で非常に軽くしあがった。 頭から被ってつけることができるし、つけているのが全然気にならない。 ただ以外と手が込んでいるので、作成時間は長くかかってしまった。

次ぎに紹介するのは、ベネチアンのハート・シェープと淡水真珠のバロック、それに水晶のさざれといわれるチップス。 長さは約42センチでチョーカーというより少し余裕を持たせたもの。 ベネチアンのハートは非常に色が鮮やかで、存在感がある。 真ん中に大き目の淡水真珠のバロックをセットし、その淡水真珠は水晶のチップで囲んでロマンチックな印象。 同色のチェコビーズでバランスをとる。 全体は乳白色のビーズと所どころに内側に金が入った上等なビーズでアクセント。 留め金は銀に金メッキの留めやすいものを選んでいる。 (写真は10月11日に紹介したものとまとめてLalaのPHOTO ALBUMからのスライド・ショーにした。 2007年12月23日)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。